「関東界隈の野鳥達」 2024年 01月
サンコウチョウ
サンコウチョウ
サンコウチョウ
・・・良い写真が撮れましたら、随時アップ致します・・・解像度は最小限にしていますので、ご了承下さい・・・
2024年 05月〜現在へ
2024年 02月 へ飛ぶ 2023年 12月 へ飛ぶ  
ありがとうございます= =人目のお客様です
「関東界隈の野鳥達」は エキサイトブログでもお伝えしています
http://birds55kaw.exblog.jp/
「水元かわせみ倶楽部」 HPアドレス変更の案内
https://gyihg06594.wixsite.com/shdcr266


2024年 01 31 日

江戸川= チョウゲンボウ♀ ホバリング

仕事終了後にも江戸川のコミミズクに行きましたが、空振り続きで1勝8敗になりました。 しかしこの1勝は止まりのみで、飛びは無です。 昨年はあれだけ多くのコミミズクが居たのに、今年はどうしたのでしょう。 待つ間にチョウゲンボウが飛び回り、ホバリングも頻繁にやってくれました。

チョウゲンボウ♀ ホバリング
チョウゲンボウ♀ ホバリング
チョウゲンボウ♀ ホバリング
チョウゲンボウ♀ ホバリング


2024年 01 29 日

水元公園= アトリ♂、オオアカハラ、カワラヒワ、タヒバリ。 1/28 オオカワラヒワ

本日も水元公園です。 森は意外と静かですので、蒲田近くで探鳥しました。 定番のアトリとオオアカハラ、カワラヒワ水浴び、タヒバリです。 早い時間にタシギが居たとの事で行きましたが、姿は見えませんでした。 森の中ではアカゲラ♂♀が異様な鳴き声でバトルをしていましたが、ラブコールなのかも。営巣となると、水元では初めてでしょう。 ベンケイはいつもの様にサービスしていました。

5枚目からは、昨日のオオカワラヒワです。 日本ではカワラヒワの亜種として未分類ですが、外国では鳥名も付けられ、日本でも近く分類されるようです。 特徴としては三列風切、腰の灰色が強く幅広い。頭頂から後勁も灰色みがある、となっています。  

本日も夕方コミミズクに行きましたが、空振りに終わりました。  明日からまた仕事です。

アトリ♂
オオアカハラ
カワラヒワ 水浴び
タヒバリ
オオカワラヒワ  
オオカワラヒワ
オオカワラヒワ
オオカワラヒワ


2024年 01 28 日

水元公園= アカゲラ♀ロング、ベンケイヤマガラ、クイナ、アカゲラ♂

本日も水元公園に行きました。 森に入ってすぐアカゲラ♀ロングが大きな幼虫を捕り、呑み込むのに四苦八苦していました。 ベンケイヤマガラは何時もの場所で動いていました。 蒲田の様子を見に行くと、偶然クイナが出て来て久し振りに見ましたが、約1分間の出来事でした。 またアカゲラ♂は久し振りに撮れました。 カワラヒワが多くいますが、この中にオオカワラヒワが1羽居ると、沢山写真に撮り確認します。 

夕方からコミミズクを撮りに行きましたが、本日も出てくれません。 風が無いので期待したが残念でした。

アカゲラ♀ロング 大きな幼虫を捕食中
アカゲラ♀ロング やっと呑み込む
ベンケイヤマガラ
クイナ 約1分間で消える
クイナ 約1分間で消える  
アカゲラ♂
アカゲラ♂ コゲラの飛び出しに驚く
アカゲラ♂ コゲラの飛び出しに驚く


2024年 01 27 日

水元公園= ベンケイヤマガラ、アカゲラ♀、アトリ、カワラヒワ、アオジ、ジョウビタキ

本日は水元公園に行きました。 森にはベンケイヤマガラは頻繁に出て、アカゲラ♀も早々に撮れました。 またキクイタダキも撮れましたが、高い木の上でピントが甘く駄目です。 その他アカゲラ♂、アカゲラ♀ロングが居た様ですが、タイミング悪く撮れず。 リュウキュウサンショウクイは今日は見ませんでした。 蒲田に行くとアトリやカワラヒワなど意外と野鳥は多いが、クイナは居ないです。 夕方からコミミズクに行きましたが、本日は出ませんでした。

ベンケイヤマガラ
アカゲラ♀
アトリ
カワラヒワ
アオジ
ジョウビタキ


2024年 01 26 日

1/24続編 水元公園= チョウセンオオタカ

仕事続きで探鳥に出られず、また夕方からのコミミズクは強風で断念しています。 こんな事で1/24チョウセンオオタカの一連の飛び出しをアップします。 当日は粘り勝ちの感じで、良いのが撮れました。

チョウセンオオタカ 13:12 飛び出し
チョウセンオオタカ 13:12 飛び出し
チョウセンオオタカ 13:12 飛び出し
チョウセンオオタカ 13:12 飛び出し
チョウセンオオタカ 13:12 飛び出し  
チョウセンオオタカ 13:12 飛び出し
チョウセンオオタカ 13:12 飛び出し
チョウセンオオタカ 13:12 飛び出し


2024年 01 24 日

水元公園= チョウセンオオタカ (?)

本日は休みなので水元に行きましたが、強風で鳥の出は良くない。 2番にチョウセンオオタカらしいのが居ると、急遽向かいました。 12月頃から数回姿を見た方がいましたが、本日久し振りに撮れました。 目の鋭さと腹の細い縦縞、背中の白い斑点。 尻尾が長いのと、脇の下にハート模様などでチョウセンオオタカと思います。 9時頃より2番に止まり、昼頃に2回近くに飛び枝被り。 南側の東屋に移動するが、枝被りです。 1時過ぎに3番方向に飛び出し、3番に行くと被り無しで撮れました。 13:12東側に飛び出し、姿を消しました。 森の様子を聞くと定番の鳥は居た様です。 風が強いので夕方からのコミミズクは諦めました。

チョウセンオオタカ 9時頃〜11:59まで止まる
チョウセンオオタカ 12:04〜13:07 東屋から、背中の白い斑点
チョウセンオオタカ 13:10〜3番にて 尻尾が長い
チョウセンオオタカ 13:10〜3番にて 脇の下にハート模様
チョウセンオオタカ 13:10〜3番にて 脇の下にハート模様  
チョウセンオオタカ 13:10〜3番にて 脇の下にハート模様
チョウセンオオタカ 13:12 飛び出し消える
チョウセンオオタカ 13:12 飛び出し消える


2024年 01 23 日

江戸川= コミミズク

本日も仕事終了後に江戸川に行きました。 5度目でようやくコミミズクに逢えました。 現地16時到着して待って居ると16:20頃に上流で飛んでいると連絡有り、その後下流に飛んで来ました。 白っぽい固体ですが撮る事が出来ず。 この時ノーマル色のコミミズクが飛んで来て野球ネットに止まるが動かず。 このまま日暮れで撮れず撤収しましたが、今期初撮りになります。 1勝4敗でこれでも恵まれている方です。 今年は個体数が少なく、おそらく3羽程度と思います。

コミミズク (ノーマル色)
コミミズク (ノーマル色)
コミミズク (ノーマル色)
コミミズク (ノーマル色)


2024年 01 21 日

1/21 水元公園= キクイタダキ、アカゲラ♀ロング

本日は生憎の天候ですので、1/21のキクイタダキとアカゲラ♀ロングをアップします。

キクイタダキ
キクイタダキ
アカゲラ♀ロング
アカゲラ♀ロング


2024年 01 20 日

1/19 江戸川= チョウゲンボウ

本日は水元のボランティア活動で出かけましたが、天候が良くないので引き上げました。 昨日の夕方、コミミズクを撮りに行きましたが飛ばず、当たりはずれが多いです。 昨年はコミミズクの数が10数羽と多く、広い範囲で飛びましたが、今年は数が少なく、おそらく2〜3羽と思います。 三郷駅など上流には居ない様子。 待つ間にチョウゲンボウを撮りましたので、本日はこれをアップします。 明日は雨の予報で残念です。

チョウゲンボウ
チョウゲンボウ
チョウゲンボウ
チョウゲンボウ


2024年 01 19 日

水元公園= キクイタダキ、リュウキュウサンショウクイ、ウグイス、アカゲラ♀ロング

本日は休みなので水元です。 現地到着すると、低い位置にキクイタダキが居て、本日3度目の出現との事です。 またリュウキュウサンショウクイも近くに居ました。 ウグイスは木の幹で虫を食べていました。 アカゲラ♀ロングは久し振りで見ましたが、最近場所を変えて地上の虫を食べています。 一度引き上げて、夕方からコミミズクに行きますが、本日も出てくれるか期待します。

キクイタダキ
キクイタダキ
リュウキュウサンショウクイ
リュウキュウサンショウクイ
ウグイス  
アカゲラ♀ロング
アカゲラ♀ロング
おまけの ノスリ幼鳥 カラス小屋に侵入


2024年 01 16 日

水元公園= ウソ♀、ウグイス、ベンケイヤマガラ、リュウキュウサンショウクイ、キクイタダキ

本日は休みなのに生憎の天候ですが、水元に出掛けました。 ウソの♀が3羽いましたが、♂は居ません。 ウグイスが意外とのんびりムードで居ました。 ベンケイヤマガラとリュウキュウサンショウクイは近い場所に居ました。 またキクイタダキは高い位置に居ましたが、後半下に来てくれました。 風が強く、超寒いので12時半に撤収しましたが、その他アカゲラ♂♀、アカゲラ♀ロングも居ました。

ウソ♀
ウグイス
ウグイス
ベンケイヤマガラ
リュウキュウサンショウクイ  
キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ


2024年 01 14 日

水元公園= キクイタダキ、ベンケイヤマガラ、シロハラ、リュウキュウサンショウクイ

本日も水元公園に行きました。 キクイタダキは何時もの場所で飛び回っていますが、CMの数が多く良いポジッションへの移動が困難でした。 ウソとシメも同じ場所に居ましたが、キクイタダキに集中しました。  ベンカイヤマガラは低い止まり木だったり、高い木の上だったり広く移動しています。 シロハラは色々な場所に居ます。 リュウキュウサンショウクイは相変わらず飛び回っています。 その他ルリビタキとアカゲラ♂♀とアカゲラ♀ロングも居ましたが、ミゾゴイは不在です。

キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ
ベンケイヤマガラ  
ベンケイヤマガラ
シロハラ
リュウキュウサンショウクイ


2024年 01 12 日

水元公園= ウソ♀、ベンケイヤマガラ、リュウキュウサンショウクイ

本日は朝所用が有り、終了後に水元です。 10頃到着すると静かですが、朝は定番の鳥は居たとの話です。 ウソが高い位置に居て、見えるのは♀のみです。 ベンケイヤマガラとリュウキュウサンショウクイは色々な所を飛び回っていました。 その他も探すが断念し、早目の1時に撤収しました。 シジュウカラ(鳥ケラチン障害)は3日間姿を見せません。

ウソ♀
ウソ♀
ベンケイヤマガラ
リュウキュウサンショウクイ


2024年 01 11 日

水元公園= シジュウカラ (鳥ケラチン障害、新種ウイルス)

仕事で探鳥に出られないので、水元公園で話題になっているシジュウカラの嘴変形についてまとめてみました。

北米で嘴の変形している野鳥が発見されて20数年経過して、ようやく解明が近いと報告された様です。分析でコガラウイルスという新種ウイルスが、コガラやカラスの嘴が変形を起こしている可能性があると判明。北米では24種、英国では36種の鳥の奇形が確認され、またインド、南米でも奇形の報告がある様です。

水元では、この他にも嘴の真っ直ぐ長いシジュウカラも確認されていますが、その後写真で撮られていません。アオゲラも上の嘴が長いのが居ましたが、徐々に元気がなくなり、毛並みも悪くなって現在は不明です。アカゲラ♀の嘴の長いのは、この種かは分かりませんが、餌を捕っても下に落とす事も時々確認され、地上での餌捕りも見られます。

シジュウカラ 右側面
シジュウカラ 左側面
シジュウカラ 後方
シジュウカラ 左側面
シジュウカラ 頭頂部に突起物  
シジュウカラ 頭頂部に突起物
シジュウカラ 頭頂部に突起物
シジュウカラ 頭頂部に突起物


2024年 01 09 日

水元公園=キクイタダキ、リュウキュウサンショウクイ、ルリビタキ♀、アトリ♂

本日も水元公園です。 野鳥の出は少なく、少し寂しい感じです。 9時半にキクイタダキが割と低い位置にいて少し撮れました。 リュウキュウサンショウクイは飛び回り、色々な所に姿を見せます。 ルリビタキは2か所に居て、奥で♀が撮れました。帰りにアトリを撮り終了です。 ミゾゴイは出ず、アカゲラ♀はノーマル居ましたがロングは出ず。 またシジュウカラ(ケラチン障害)は昼に出ず。 フクロウは2日間姿が見えない様です。 明日から仕事は始まり2勤1休のパターンになり、探鳥は時々になり残念です。

キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ
リュウキュウサンショウクイ
リュウキュウサンショウクイウソ♀  
ルリビタキ♀
ルリビタキ♀
アトリ♂


2024年 01 08 日

水元公園=カワセミ♂、アカゲラ♀、ミゾゴイ、ウソ♀、シジュウカラ(鳥ケラチン)、ベンケイヤマガラ、キクイタダキ

本日は「かわせみの里」に様子を見に行きましたが、相変わらず出が悪い様です。 9時過ぎにようやく姿を見せて、一度飛び込み藪の中に入りました。 森に入るとアカゲラ♀が居ました。 ミゾゴイは2日間姿を消しましたが、意外と早く本日戻りました。 出来るだけ近づかないで撮影してください。 ウソは高い位置にいて♂も居たが前面に来ません。 シジュウカラ(鳥ケラチン)は昼頃に来て大サービスしてくれました。 いつものベンケイヤマガラを撮っていると、キクイタダキが割と良い位置に来てくれました。 沢山撮れたので早目の1時半に撤収しました。

カワセミ♂
アカゲラ♀
ミゾゴイ
ミゾゴイ
ウソ♀  
シジュウカラ(鳥ケラチン)
ベンケイヤマガラ
キクイタダキ


2024年 01 07 日

水元公園=ベンケイヤマガラ、エナガ、シジュウカラ(上嘴が長い)、キクイタダキ

本日はのんびりと出発して水元に行き10時到着しました。 遅いせいか鳥の動きは少なかった。 ベンケイヤマガラが最初で、枝止まりを撮りました。 その後パットしなくシロハラだけで、蒲田にはエナガとカワラヒワだけです。 5番で昼食を済ませ休憩していると、シジュウカラ(新種ウイルス、鳥ケラチン障害)が出て来て蜘蛛を食べ始めました。 その後キクイタダキが割と条件の良い場所に出てくれました。 2時頃からフクロウの様子を見にいきましたが、相変わらず藪の中で寝ていました。 飛び出しを撮りたく待ちましたが、16:55飛び出したが真っ暗で写真にならず。無駄な3時間となりました。

ベンケイヤマガラ
シロハラ
エナガ
シジュウカラ(新種ウイルス、鳥ケラチン障害)
シジュウカラ(新種ウイルス、鳥ケラチン障害)  
キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ


2024年 01 06 日

水元公園=シジュウカラ(上嘴が長い)

本日はカメラ店に行き13時帰宅し水元に行きました。 シジュウカラの嘴が長い固体が居て、発見されたのが一週間ほど前でどうしても撮りたかった。 なかなか姿を見せず、16:06に出てくれましたが暗くなっていました。 上嘴が下の2.5倍ほどあり、どの様に食事をするのか心配でした。 見ていると嘴を横に寝かせて食べていて良かったです。 逆に上嘴で引っかけて引き出す事もしていました。 元気に過ごして頂きたいです。

ダイシャクシジュウカラ(仮)
ダイシャクシジュウカラ(仮)
ダイシャクシジュウカラ(仮)
ダイシャクシジュウカラ(仮)
ダイシャクシジュウカラ(仮)  
ダイシャクシジュウカラ(仮)
ダイシャクシジュウカラ(仮) 食事
ダイシャクシジュウカラ(仮) 食事


2024年 01 05 日

水元公園=シロハラ、ミゾゴイ、オオタカ、リュウキュウサンショウクイ

本日ものんびりと水元公園です。 森に入りチップ置き場にシロハラが居ました。 キクイタダキが居ますが、高い位置でなかなか撮れず残念。 ミゾゴイは奥の藪の中ですが、10:56に1分間ほど姿を見せましたが、その後は藪の中です。 蒲田に行くとオオタカが飛んで来てメタセコイアの天辺に止まり、間もなく飛び出しました。 飛び出しを狙ったが枝被りで駄目で飛翔は撮れました。 森に戻るとRサンショウクイが居て、アカゲラ♀ノーマルがいました。 赤い模型飛行機が墜落したのを見ました。

シロハラ
ミゾゴイ 10:56 約1分姿を見せた
オオタカ
オオタカ 飛翔
オオタカ 飛翔  
オオタカ 飛翔
リュウキュウサンショウクイ
墜落した模型飛行機 現場MC6720575


2024年 01 04 日

水元公園=オオアカハラ、リュウキュウサンショウクイ、ミゾゴイ、アカゲラ♀ロング、フクロウ

本日はゴミ出し解禁日で、掃除をしてから水元に行きました。 蒲田のオオアカハラは毎年姿を見せます。 リュウキュウサンショウクイは今日も低い位置に居ました。 ミゾゴイは数日被りの少ない場所に出てくれます。 アカゲラ♀ロングは今日もサービス良く、低い位置に来てくれました。 帰りにフクロウを確認すると、いつもの藪の中に居ます。 キクイタダキは居ましたが撮れず残念でした。

オオアカハラ
リュウキュウサンショウクイ
ミゾゴイ
アカゲラ♀ロング
アカゲラ♀ロング  
アカゲラ♀ロング
アカゲラ♀ロング
フクロウ


2024年 01 03 日

水元公園=ミゾゴイ、ベンケイヤマガラ、アカゲラ♀嘴長い、アカゲラ♀、Rサンショウクイ

本日はのんびりと水元公園です。 森に入るとミゾゴイが出てると、直ぐに行きました。 正月で人出が少なかったので、金網の中から出て来たと思います。 近づかないで撮影しましょう。 ベンカイヤマガラはサービス満点。 アカゲラ♀は嘴の長いのとノーマルが出ていました。 相変わらずリュウキュウサンショウクイは出ています。 本日は短時間で12時に撤収しました。

ミゾゴイ
ミゾゴイ
ミゾゴイ
ベンカイヤマガラ
ベンカイヤマガラ 
アカゲラ♀ 嘴の長い固体
アカゲラ♀ 嘴のノーマル
リュウキュウサンショウクイ 飛び出し


2024年 01 02 日

館林=オオハキチョウ  渡良瀬=ツクシガモ、コウノトリ、ホオジロ、カシラダカ

本日は昨日の続きをアップします。 館林のオオハクチョウは30羽ほど居て時々動いてくれました。 その後渡良瀬に移動しました。 ツクシガモを探すと、遠い位置に1羽居て採食中です。 この近くにコウノトリが3羽居て親1羽と子が2羽と見えました。 また別の場所で1羽飛んでいました。 探鳥すりとホオジロ♂♀、カシラダカが居ました。 ベニマシコを探していると、突然イノシシの子が2頭姿を見せ、藪の中に2頭居て、襲ってくるのかと後退り。

オオハクチョウ 飛翔
オオハクチョウ 2組の奇妙な踊り
ツクシガモ
コウノトリ 3羽
ホオジロ♀ 
ホオジロ♂
カシラダカ♂
猪 目の前に突然出て来て・・・後退り


2024年 01 01 日

館林=ウスハヤブサ

本日は元旦を返上してウスハヤブサを撮りに行きました。 7時過ぎに到着すると電柱に止まっていましたが、準備中に飛ばれてしましました。 その後8時過ぎに電柱に止まり、近い位置で撮れました。 その後10時半まで待ちましたが断念して移動しました。 そこで11時過ぎに飛んで来たとの情報が入るが止めました。 飛ばない日も有りますが、一度目で撮れてラッキーでした。 その他も撮れましたが後日アップします。

ウスハヤブサ
ウスハヤブサ
ウスハヤブサ